【浦和 Oki Oki Cafe】フラットホワイトが飲めるカフェ!駅近なのも嬉しい!

2017年3月、浦和駅西口にオープンしたOki Oki Cafe(オキオキカフェ) 。こちらは何と「ニュージーランドスタイル」のカフェなのだそう。いったい何が「ニュージーランド」なのでしょうか? 気になる!

店内は広々!2階席もあり、ゆったり過ごせそう。

入口近くのカウンターで最初に注文をします。
「何にしようかな〜」とメニューを見回すと、さまざまなドリンクメニューにまじって「フラットホワイト」が「おすすめ」と書いてありました。「ニュージーランドやオーストラリアで最もポピュラーなエスプレッソドリンク」だそう。そう、実はこのメニューに「ニュージーランドスタイルカフェ」の所以があったのです!

フラットホワイトは見た目、カフェラテやカプチーノの様ですが.. ?
お店の説明によると「ラテよりもキメの細かい口当たりなめらかなスチームミルクをエスプレッソに注ぎ入れ、表面は薄いフォームミルクの層でできています。コーヒーの香りと味が楽しめます。」との事。

(上記画像はお店のフェイスブックページhttps://m.facebook.com/okiokicafe/より)

何だかとても美味しそうです。
普段、牛乳入りのコーヒーは飲まないのですが、せっかくなのでこの「フラットホワイト」を注文してみました!

こちらが「フラットホワイト」。まず、オリジナルのブルーのマグの可愛さにしびれます。ハートのラテアートを堪能してから早速頂きます。

お味は、うん、美味しい!たしかに、滑らかな仕上りで、アワアワしすぎず、より繊細なコーヒーとミルクの味わいを楽しめます! また、ミルクの使用量が一般的な「カフェラテ」よりも少ないので、コーヒーの味が生きているんですね。

フラットホワイトの味の特徴を定義するなら、

「よりきめ細やかなミルクの泡」
「よりはっきりしたエスプレッソの風味」

この2点につきるのではないでしょうか。

ちなみに、フラットホワイトの起源については、70年代のメルボルン、80年代のシドニー、そしてニュージーランドのウェリントンなどの諸説があるそうです。

余談ですが、2011年にオーストラリア出身のハリウッド俳優、ヒュー・ジャックマンがニューヨークに自身のカフェをオープンした際のインタビューで、「フラットホワイト」についてざっくりと言及していました。

「ニューヨークにいるオーストラリア人のために『フラットホワイト』というメニューがあるんだ。ラテに似てるけど、すこしミルクが少なくてエスプレッソが多いんだ。バリスタが正しくドリンクを作れるように僕が訓練したよ」

‘And for any Aussies out there, we have a thing called a “flat white,” which is like a latte with a little less milk and more espresso. Our barista is trained by me on how to make it exactly.’
※元記事はこちら

ヒュー・ジャックマンから直接フラットホワイトの作り方を教わったバリスタたちはラッキーでしたね..笑

ところで2015年以降、アメリカのスタバのメニューにもフラットホワイトが加わっているようです。

ここ数年で知名度はかなり上がってきていますが日本ではまだまだ珍しいフラットホワイト、浦和で飲めますよ!!

Oki Oki Cafe (オキオキカフェ)
住所 :埼玉県さいたま市
浦和区高砂1-7-9 浦和駅西口徒歩1分
電話:048-799-3749
営業時間:8:00~21:00
(L.O.20:30)
定休日 : なし
駐車場: なし
※禁煙

下のケーキをクリック頂くと埼玉グルメブログランキングに飛びます
ブログランキング・にほんブログ村へ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です